失敗しないホームページ制作会社の選び方

ホームページ制作を外注委託する際、業者選びに悩んでしまうことはありませんか?
ネットで検索すると全国のホームページ制作会社はそれこそウジャウジャ(笑)
それでは地元の制作会社で、とタウンページでホームページ制作会社を探してみても
『浜松市 インターネット関連サービス』で検索すると・・・124件、ざっとこれだけの業者が出てきます。

そんな中、あなたは悔いのない会社選びをするのに何を基準にしますか?
『最安値の制作会社にしよう!』『知り合いが紹介してくれた会社にしよう!』
そんな明確な基準があれば問題ありません。

ですが、、、
『デザイン重視したい』『検索対策は大丈夫?』『後々の更新やメンテは大丈夫?』
様々なことを考慮すると業者選びは途端に難しくなります。

このページではホームページ制作会社選びのポイントを
『価格の違い』『制作会社別:得意・不得意分野の違い』『会社規模による違い』
と言う3つの視点で考えてみました。
どのポイントを重視するか?はあなた次第ですが、重視したポイントを外さぬよう、参考にしていただければと思います。

価格の違いから比較する

ホームページ制作に掛かる金額は依頼する制作会社によって大きく異なります。では金額の違いはどこからくるのでしょう?その違いを説明しましょう。
ホームページ制作コストのほとんどは『ホームページ制作スタッフの人件費』です。実はホームページを作り上げるには多くの作業工程があります。そして工程に合わせ、スタッフは次の役割に分かれています。

  • デザインを制作するデザイナー
  • 写真撮影を行うカメラマン
  • ページ内のコンテンツを考えるライター
  • ホームページ作込み〜サーバーにアップ、公開できる状態にするコーダー
  • クライアントの意向を聞き、上記工程に作業を割振るディレクター
  • SEOやアクセス解析など各種ツール使い、分析〜改善施策を提案するアナリスト

人数のいる制作会社はそれぞれの工程に専任スタッフを配置し、作業を進めます。
一方、フリーランスの様な一人二人の会社はどうするか?全てを一人でこなす人もいれば、一部業務を外注に出す場合もあるでしょう。またITツールを活用し、ソフトウェアで処理させてしまうことで省力化することもあります。

要するに、金額の大小はどの位の人手と時間を掛けて制作するか?で決まります。
あなたののホームページに複数の専任スタッフがつくか?一人がまるっとやるか?では当然人数が多い方が金額は高くなります。

つまり制作コストは制作会社にいる人数に比例すると言っても良いでしょう。
ただし大きな会社なのに激安だったりする場合もあります。
これは制作に関わる人員が少ない、またはほとんど安い外注にに丸投げしています。そうした会社は人員のほとんどが営業マンだったりするので、アフターサービスが心配です。

ではコストを重視するならどんな視点で考えるべきか?まずコストを下げるためにどこを省いているのか?確認すべきでしょう。そして、それにちゃんと教えてくれる業者さんかどうかを確認します。
話を聞いて、必要な部分にしっかり手が付けられているか?自分の求めている要件は満たされるものなのか?を考えてみるべきでしょう。

制作会社別:得意・不得意分野の違い

ホームページ制作会社にはそこで働く社員の数や能力もありますが、会社自体が得意とする分野・不得意とする分野があります。

  • デザインが得意な会社
  • 動的コンテンツを得意とする会社
  • コピーライティングの得意な会社
  • 検索対策が得意な会社
  • マスメディアとの連携・広告配信を得意とする会社
  • システム開発が得意な会社
  • データ解析な得意な会社
  • 価格重視の会社

こんな感じに分かれます。この中のいくつか複数要素を強みに持っていることが多いです。
ちなみに我々の場合では『成果の上がるホームページ作り』を強みにしています。
これは上の『コピーライティング』『検索対策』『データ解析』が得意だからです。
グラフィックデザインから入って起業した会社ではデザインを得意とするでしょう。
あなたが重視する分野に強い制作会社を選ぶのがコツです。

会社規模による違い

価格の点でも紹介した様に『掛かる人員×時間』の大小でコストはかわります。なので個人に近い人ほどコストは安く、規模が大きくなればなるほど高くなる傾向になると言えます。
ではコストの安いフリーランス・人数のいる制作会社ではどっちが良いのか?それぞれのメリットデメリットをあげてみましょう。

【フリーランス・小規模制作会社】

<<メリット>>

  • コストが安い場合が多い
  • 担当がずっと同じなので楽に付き合える

<<デメリット>>

  • 能力が高い人には仕事が集中する。忙しいと素早い対応をしてもらえない
  • フリーランス個人の能力に左右される
  • 関係にヒビが入ったり、廃業してしまったり相手先の環境に影響される

【中〜大規模制作会社】

<<メリット>>

  • 専門スキルを持ったスタッフがいるので多くの要望に対応できる
  • 分業で作業をしているので、短納期で仕上がることが多い

<<デメリット>>

  • 価格はフリーランスと比較すれば高い。

そんな違いがあります。その辺りも比較の参考にすると良いでしょう。