Chromeの標準仕様に従うサイトデザイン

先週はフォントサイズについての記事を書いたのですが、各サイズのサンプルを作りブログを表示させて吃驚!5px~20pxで文字のサイズを並べたはずなのに、10px以下は全部同じように表示されてるじゃないですか!?

■chrome
■IE・Firefox

ディングのミスかな?と思ったら………原因はgooglechromeの仕様にありました。chromeの仕様では10pxが文字の最小サイズという仕様にしているため、通常使われる文字サイズ指定の方法だと10px以下は強制的に10pxになってしまいます。その為、chrome用に別の文字サイズ指定方法をするという記述が必要になります。ブラウザによっておこるデザインの崩れのいい例みたいな感じにですね(苦笑)では、この10px以下になるような記述方法を………と、続けたいところではあるのですが、今回は方法ではなく、10px以下になってくれない根本について。

何故10px以下と指定しているのに10px以下に表示してくれないの?

それはgoogle(chrome)側としては10px以下は小さくて読みにくいよね。だから読めるサイズでサイトを作りましょう!………というような意図(憶測ですが)。
そして、googleが意図しない検索サイトを表示させないため…というのもあるのかな?と思います。

chromeの開発元はgoogle。ネットで検索といえばGoogleを使う方が多いですよね。googleとしては今後も他の検索エンジンを使われないために、検索した単語で精度の高い検索結果を表示させたいと思っています。ホームページのタイトルやディスクリプションといった検索画面に表示される文章。そのページ内に記載されているタイトルや本文を検索ロボットが確認。多くの人に見られているサイトや、閲覧している人の地域に合わせて検索結果を表示するように開発をしています。

そして掲載される側。こちらはその検索上位に自分のサイトが掲載されるようにしたいと思っています。その為にタイトルやディスクリプション、見出しや本文に検索してくれる人が来てくれるような単語や文章を考えて記載していきます。ほとんど文章が無いページというのは検索としてもヒットしにくくなります。………ということは、逆に文章がたくさんあれば、検索のワードがたくさんあればGoogleの検索に引っかかりやすくなるのでは?←このような悪だくみができなくもないのです。多くの人が検索するであろう単語をたくさん集めてサイト内に表示させれば、単純に考えて検索されるワードとして検索上位になる可能性を含んでしまうのです。
でもサイト内の記事に関係ない単語を、閲覧者には見せたくないですよね?そこで、文字サイズを1pxなど読めないサイズに設定をし、サイト内の目立たないエリアに設けたらどうでしょう?←これを防ぐために10px以下も強制的に10pxにしている…とも考えられます。

IE・chrome・FireFox・safariなど、ブラウザは様々ありますが、chromeは開発元がGoogleなのでchromeで標準とされていることは、Googleの検索エンジンで標準と考えている範囲内となっていると思います。仕様となっていること以外の表示もコーディングですることは可能ですが、仕様内で作る、考える、これも検索対策として必要なことだと思います。