拡張子は表示する?表示しない?

拡張子はファイル名を付けて保存した際、保存名の後ろにつけられるアルファベットや数字のことを言います。

・保存名.pdf
・保存名.txt
・保存名.mp3
・保存名.wma
・保存名.jpg
・保存名.ai  などなど。

昔のパソコンは拡張子がデフォルトで表示されていた為、このアルファベットが見られる状態が普通でした。ところがVistaあたりから非表示がデフォルトになり、表示させる方法を知っている人だけが拡張子を表示させて使っています。

仕事柄、様々なファイルを取り扱う為、私はこの拡張子を表示させておかないと使いにくいのですが…。そもそも表示できることを知らない世代というのも増えていて、時々「不便じゃない?」と聞いてしまうことがあります。

返ってくる回答としては「アイコンでどのソフトのものかわかるから大丈夫」というのが多いのですが、これまた古くからパソコンをよく使う身としては、いやアイコンは拡張子から関連付けてるだけで、拡張子の判断にはならないでしょ!???と。

こんな話しを、友達にしていたら、パソコンに詳しくない人は普通知らないと言われました。
私、普通じゃなかった…。

 

そんなわけで、どうして拡張子を表示しなくなっちゃったの!?という話題から。

 

拡張子は、このファイルがどんなファイルなのかを示しています。
なので、ファイルの名前を変更しようとした時、うっかり拡張子ごと変更をかけてしまうと、何のファイルだかわからなくなってしまうのです。実際Vistaの前まで、お客様から「名前を変更したらファイルが開けなくなった」というトラブルが少なくありませんでした。どこでWindowsは「だったら拡張子変えられないように非表示にしよう!」←これが拡張子を表示しなくなった理由…という説をよく見かけます。

じゃあ何故拡張子が表示されないと困るのか。アイコンだけじゃダメなの?
アイコンだけじゃダメです!!!
例えば画像ファイルを例に説明します。写真の拡張子はrow、jpd、画像データはpng、gifなどがあります。
この4つの拡張子はすべてPhotoshopというソフトで開くことができます。更に、photoshopで編集途中のデータではpsdなんてのも存在ます。細かく言えば更に複数の拡張子をPhotoshopは取り扱えます。なので、どのアイコンもPhotoshopのアイコンになる(することもできる)ということになります。

ファイルを詳細表示にして選ぶ人は、詳細から拡張子を確認できますが、サムネイルのまま画像を使う際には元の画像の拡張子を知っておくことは重要です。

 

また、いろいろ調べていたところ、セキュリティなどを管理されている部門から、拡張子を表示させていないことで発生するトラブルとして、拡張子の認識が薄れ、見覚えのないファイルも気軽に開いてしまいウイルスに感染…という話しも聞きました。

出来れば拡張子、デフォルトの設定に戻してほしいなぁと、個人的には思います!