パペットワープツールのセンスがほしい

少し前にAdobeCC関連のアップデートがありました。CC2018です!
Adobeが公式に紹介してくれた動画を拝見したので早速試してみました。
Illustrator/Photoshopに装備された「パペットワープツール」です。

何をするツールなのかというと、静止画に起点を作って
静止画を全体的に動かすことができます。

以前までは、女の子の携帯の位置をもう少し上にしたい場合、
下記の図のように身体をパーツごとに作り
それぞれのパーツを回転・移動させて位置を調整させていました。

当然パーツがバラバラになっていない場合には、
パーツを作るところからの作業となり、作業が大変です。

 

ところが今回搭載された「パペットワープツール」は
画像がパーツにわかれていなくても移動がとっても簡単。
動きの起点になる部分をワンクリックすると、自動的に全体が動いてきます。

上と同じ画像を使い、今度は携帯の高さと猫背を直します!

元画像→画像を統合→起点を6か所作りました。

携帯の高さと猫背直ってますか?

 

こんな感じで、全体的に少し移動が難しかったものが
このツールのおかげで簡単にできるようになりました。
Photoshopも同様の機能があるので、微調整に大変役立ちそうです!

 

ただ、このツールを使いながら感じたのは起点を打つ場所が適格じゃないと「そうじゃない!」な画像にもなりかねません(苦笑)足の前後を変えようとして失敗するとこんな感じに…

 

 

………パラッパラッパーを思い出す…。