Adobeアイコンの色に(ようやく)気づく

月刊メルシーをご存知ですか?
弊社から毎月発行している冊子です。社内の人間が毎月様々なネタで記事を書いています!ネットからもバックナンバーが見られるようになっているので、どんな人なんだろう?どんな会社なんだろう?と興味がある方は見ていただけると嬉しいです。

さて、そんな月刊メルシーの原稿を作成していく中で、ネタにしようと思っていたAdobeソフトについて調べていたところ、並べてみてようやく気が付いたことが!!!

 

Adobeソフトのアイコンの色に規則性があったんですね!
(今更!?って思うかもしれませんが、今更気が付きました…。)

 

弊社ではAdobeのコンプリート版を利用しています。なので様々なAdobeソフトを利用することができるのですが、よく使うものとなると限られてきます。
私の場合は「Illustrator」>「Dreamweaver」>「Photoshop」…といった感じ。頻繁に使うものはデスクトップやタスクバーに表示させてあります。バージョンが新しくなってもアイコンの色合いは変わらないため、デスクトップに並ぶアイコンの色はIllustrator=橙、Dreamweaver=緑、Photoshop=水色は見慣れた光景です。
他にも使用頻度は高くないですが、「InDesign(桃色)」「AfterEffect(紫)」とAdobeアイコンはソフトごとに色+アルファベット2文字で表示されています。

そんなAdobeソフトのアイコンの中に…色合いがとても似たアイコンがいくつか存在します。
それがこちら。

似たような色でまぎらわしい!
もっと別の色で作ればよかったのに!!!
…なんて思っていたのですが、、、

ジャンル別に並び変えてようやく気が付きました。
ソフトの特徴に合わせてアイコンの色も考えられていたのですね。

上記にピックアップしたアイコンは、普段使っているソフトや、過去に利用したことがあるものが中心なので、今後はアイコンの色を頼りに(!?)他のものも時間を見つけて使ってみようと思います!