CSVの文字化けを直す方法(windows)

CSVデータとは?

CSVデータは様々な文字情報を「カンマ」で区切って整理をしてあるデータです。
ファイル名のあとに「.csv」で保存されています。
あまり聞き馴染みがない人も多いかもしれないのですが、意外と身近なところでも取り扱えるデータで、Excelで作ったデータを保存する際、ファイル名の下にある拡張子を選択するメニューの中にも「csv」は存在しています。
ただしcsvは主に文字情報を整理できるデータなので、画像や表などのデータがある場合には利用しません。

具体的にこのCSVデータはどんなところに、どんな時に使っているのかというと、お客様の個人情報やショッピングサイトでは商品情報、メーカーでは製品のデータベースとして利用されています。

お客様情報を入力する際、画面の指示にしたがって「名前」「住所」「電話」と入力をして最後に「登録」のボタンを押して完了するというような流れが多いと思います。1画面の中で入力できる情報は1名です。csvデータでは1件ずつのデータではなく、複数まとめて登録・変更・削除ができます。
例えば、区画整理があり特定エリアの郵便番号に変更がある場合、該当する人を1件ずつ表示させて修正するのは作業効率があまりよくありません。そこでこのCSVデータが役立ちます。
今まで登録してきたデータをCSV形式で一括ダウンロードをして、Excelで編集をしてしまいます。Excelには並び替えや絞り込みの機能があるので、変更しなくてはいけない登録をピックアップしてまとめて変更することができます。

このように、使えば便利なCSVファイル。
ところがこのCSVファイルをExcelで編集しようとした時。時々おこる問題が文字化けです。
せっかくデータを一括で取得して、まとめて編集をしようとしていたのに…。
原因はCSVファイルの文字コード!文字コードの情報をクリアしてExcelで編集可能な状態にします。

1.CSVファイルを右クリックして[プログラムから開く]-[メモ帳]を選択します。
※[メモ帳]がない場合「プログラムの選択-その他」からメモ帳を探して選択します。

2.メモ帳で開いたファイルをそのまま「名前をつけて保存」するのですが、
ファイル名の下に「ファイルの種類(T)」という項目があるのでここを「すべてのファイル」にします。
※まだ「保存」はクリックしないでください。

3.「保存」ボタンの左側に「文字コード」という項目があります。
文字コードを「ANSI」に変更して「保存」ボタンをクリックします。

これでExcelで文字化けしないデータの完成です。
Excelを起動して、上記で別名保存したデータを開くと文字化けが直っていると思います。
CSVの文字化けで困っている時には是非試してみてください。