元データはありますか?と聞く理由

ホームページ制作側から、依頼者様に素材を提供してもらう上で「元データはありますか?」と質問することがあります。今あるものをそのまま使ってくれればそれでいいのに…と思うのになんでこんな事を聞かれるのか?すでに理由をご存知な方もいらっしゃるとは思いますが、改めてその理由について書いてみようと思います。

左側の画像は、このサイトで使用しているロゴの画像。(gif画像)
右側の画像は、このサイトで使用しているロゴの元データ。(ai画像)

ホームページで使用している画像というのは、一般的にjpg、gif、pngという拡張子で保存してあります。ホームページの検索順位を上げる対策の一つとして、画像の読み込みをスムーズにするため、必要以上に大きなデータにならないよう特徴に合わせて軽いサイズで保存したり、軽く保存できる拡張子に編集したものを利用しています。
そのため、上記の画像のように、もっと大きく使いたいと思っても、拡大した際滑らかな曲線が失われてしまいます。またjpgの画像はデータを軽くするための圧縮がかけられていることもあり、編集を繰り返す度に色の劣化も激しくなってしまいます。

ロゴの元データ、こちらの拡張子はai、eps、(fw.png)等の場合、拡大をしても滑らかな曲線を維持したまま加工ができます。また保存の際に劣化する心配もありません。

元データが無い場合は、いただいた素材の中で出来るデザインを作成していきますが、せっかくお金をかけて作るサイト。綺麗に仕上げるためにも、元データがあるかもしれない場合には探していただき素材を提供していただけると嬉しいです。