RGBカラーとCMYKカラーの違い

デザインを制作する際に、デザイナーは最初に何に使うデータなのかを確認します。「どちらで使うかわからないから、どちらでも使えるようにしてほしい」と言われることもたまにあります。実はこの返事だと若干困ってしまう時があるので、デザインを制作する側から何故確認するのかを説明します。

紙面用のデータを制作する際にはCMYKカラー
Web用のデータを制作する際にはRGBカラー

簡単に言ってしまうと、紙面とWebでは使える(表現できる)色の種類が異なっています。

CMYKカラーは、シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの4色のインクを混ぜて色を表現します。水彩絵の具をイメージしていただくとわかりやすいと思うのですが、色を混ぜるとどんどん暗い色になっていきます。

RGBカラーはレッド・グリーン・ブルーの光りを混ぜて色を表現しています。こちらは舞台などで使われるライトをイメージしてください。光を重ねて当てるほど、色は明るくなっていきます。

CMYKとRGBの場合、より多くの色を表現できるのはRGBカラーになります。CMYKはRGBに比べて表現できる色の範囲が狭いです。写真を撮影した場合、写真のデータはRGBで撮影されています。けれどそれをプリンターで印刷する際にはCMYKのインクを使います。その為、実際に撮影されている写真に比べて色が悪いように感じる…ということがおきてしまいます。このような事があるので、デザイナーは印刷用のデータを作る際には、事前にCMYKで出すことを想定して補正をおこないます。
また、印刷所の方でも色校を出して、実際に印刷される色に間違いがないかを確認するということもあります。(※色校は別途料金が必要な印刷所が多いです)

CMYKで表現しにくい色としては、鮮やかな色・明るい色が多いです。
下記の画像のようにRGBでは鮮やかな色を表現できるのですが、印刷をすると右側のような色になってしまいます。


また黒の場合も、黒を100%で指定しただけでは真っ黒とはなりません。(若干赤みがかかった色になっています。)そこで印刷用のデータでは、黒の色指定の他にCMYにも色指定を入れてべた塗り(黒)を表現します。