ドローン【DJI phanto4 】の安全面について

こんにちは。落合です。
今回のブログでは個人向けドローンについてお話していきたいと思います。

現在ドローンは多くの事業で採用され、その進化や普及はとどまることを知りません。
最近では企業だけでなく個人でドローンを持っている方も大変多く、Amazonや楽天などのショッピングサイトでも取り扱っているため、家電感覚で購入できます。

ドローン開発の大手企業といえばフランスのParrot、アメリカの3D Robotics、中国のDJIの三社。

今回はその大手のひとつである中国のDJIのドローン「phantom 4」というドローンの安全面についてご紹介したいと思います。phantom4

phantom4の機能

phantom4には障害物検知で自動的に障害物をよけてくれる機能や、機体エラーやバッテリー不足、コントローラーとの通信不能状態など飛行中落下の危険性がある場合、自動的に離陸したポイントに戻る機能が搭載されています。これは異常時だけでなく、ボタンひとつで離陸ポイント、または登録したポイントに自動で戻ってくれるリターントゥーホームという機能です。(GPS信号を利用する機能なのでGPS信号が安定している必要があります。)
さらにスマートフォンの画面をタッチすることで、その方向に自動飛行してくれる機能や、ターゲットを設定すると障害物を避けながら自動追跡してくれる機能もある為、操縦に不慣れな初心者にとっても大変心強い機体です。(ですが何があるかはわかりませんのできちんと操縦できるまで無理な飛行は避けましょう!)

 

優秀な機械ではありますが、それはきちんと設定や状態など管理がされていることが大前提です。また、phantom4が自動で飛行するためにはGPSが必要不可欠です。GPS信号の不安定な場所ではマニュアル操作になりますので、ホバリングも当然手動、その為風に流されたりと危険が伴います。
現在、飛行禁止区域や空港の近くではphantom4自体のモータが駆動せず飛ぶことはできません。

DJI飛行制限

こちらの表のようにGPSを利用した制限がかけられています。これはDJI製品すべてに共通する制限です。
GPS信号を利用しないで飛行するモードにすればこちらの制限は関係ありませんが、上記で書いたようにとても危険です。また、モーターを駆動した状態や、飛行中に飛行禁止区域に侵入しようとしたらどうなるのか?と質問され調べたところ、見えない壁が出来たみたいにそれ以上進めなくなるそうです。
ドローンに対する法律も作られましたが、2018年にはドローンの自動飛行規制が予定されています。これにより許可を得てない機体は飛行禁止区域や制限エリアでは飛行、高度が制限され、許可を得た機体のみが飛行することができるようになります。
現在ドローンをお持ちの方は「ドローンって結局どこで飛ばせるの?」と疑問に思っている方も多いと思います。ですが飛ばせないエリアで飛行ができなくなるのならそれは大変わかりやすいですよね。(DJI製品については先ほどの表にあったように現在すでに制限があります。飛行禁止区域についてはアプリのNo-fly zoneから確認できます。)

以前話題にもなりました、ホワイトハウスにドローンが落ちた事件。実はこれもDFIの製品、「phantom 2」です。
落下だなんでドローンは危険だわ!と思う方もいるかもしれませんが、この事件では操縦者が酔っ払っていたようです(*_*;
他にも首相官邸にドローンが落下するなど様々な問題も発生しましたが、DJI社の対応で今は皇居や総理官邸1キロ以内での離陸、飛行はできません。
このようにすぐにDJI社のほうで対応が行われます。

機体の性能だけではなく、開発会社の迅速な安全対策においても個人的にphantomはおすすめです。
(新規追加飛行禁止区域についてはアプリ更新と共に変更されます。安全な飛行を楽しむためにもアプリや機体のアップデートはしっかり確認しましょう。)

phantomはスマホやタブレットと接続しそれをモニターとして使用します。設定もスマホやタブレットアプリ内で行い、機体やコントローラーのアップデートも、スマホもしくはタブレットに接続した際に行われます。現在自分はモニターとしてiPhoneを使用していましたが、機種変更の際に欲張って画面の大きいiPhoneplusにかえました!(笑)

iPadなど大きな画面でも撮影してみたいですが個人的には普通にiPhoneでも十分だと感じました。

今回は安全面についてお話していきましたが、次回はphantom4のカメラについてお話していきたいと思います!

 

CLIP STUDIO(お絵描きソフト)とは?

こんにちは。落合です。

今日はCLIP STUDIOというソフトについてお話していきたいと思います。

このソフトはイラスト、アニメ、漫画専用の絵を描く人の為のソフトです。

私も最初の頃は同じペイント系ソフトのphotoshopで絵を描いていましたが、今はCLIP STUDIOをメインで使っています。

お恥ずかしい話ですが、デジタルで絵を描けると知ったのはここ数年の事で、最初はちんぷんかんぷんでした。だからこそ興味があるけど良く分からない…という方向けの情報にはなりますが、少しこのソフトについて画像付きで解説していこうと思います。(今回使用した画像は自分で制作したものですが、アニメ、デジタルモンスターのそらとピヨモンというキャラを使用した二次創作です。)

ブラシについて

まず1番大切なブラシ。これがアナログと違ってしまうと「どうも上手く描けない。」という事が起きてしまいます。

photoshopで絵を描こうと思うと自分でブラシ設定をしなければなりません。

初心者にはこれがとっても高いハードルです。

ですがCLIP STUDIOにはGペン、鉛筆、油絵のような筆、水彩筆まで多彩なブラシが最初から用意されていて、筆圧感知のペンタブレットを使用していれば、まるでアナログのような強弱をつけた線を描く事が出来ます。

CLIP STUDIOブラシ

photoshop同様、レイヤー機能も当然あるので、まずは鉛筆で下書きをした後にペン入れ用のブラシで線画を起こすことも容易に出来ます。(画像では下書きを描いたレイヤーの透明度を下げ、薄くした状態でペン入れしています。)

 

CLIP STUDIO下書き

レイヤーは非表示にする事も出来るのでアナログのように後から消しゴムで下書きを消す手間が省けます。

消しゴムも、滑らかに消したい場合、きちんと消したい場合など用途に合わせて選択する事が出来、水彩筆など色が混ざるブラシでは、感覚的に色を混ぜながら塗る事も可能です。

塗りつぶしツールも大変優秀で、塗りつぶしツールで塗ったあと、塗り残しツールを使い残った部分を手早く塗りつぶすことが出来ます。画像のように綺麗に塗りつぶしてくれます!

CLIP STUDIO下塗り

このように、絵を描く人にとっては嬉しい機能が沢山あり、作業時間を大幅に短縮する事ができます。

マンガ用のコマ割ツールや、パースを描くツール、当然図形も描くことが出来ます。

CLIP STUDIOユーザー向けの無料のブラシや素材も配信されているので、用途に合わせて様々なカスタマイズをする事も可能です。

保存ファイル形式もCLIP STUDIO独自のものだけでなく、photoshop形式でも書き出せる為、最後はphotoshopで加工をする。という方も多いと思います。(やはり加工に置いてはphotoshopが大変優秀です。)

そらとピヨモン

こちらは最終的にPhotoshopで加工した画像です。

有料ソフトではありますが、アナログのような感覚でデジタル絵を描きたい!という方には大変おすすめなソフトです。

こちらもCLIP STUDIOにて制作しました、NARUTOのサスケとサクラです。

NARUTOのサスケとサクラ

このようにアニメ風なイラストも描く事ができます。最近大人用のぬりえも流行っていますが、是非デジタルイラストにも挑戦してみてはいかがでしょうか?

Adobe Bridgeのおすすめ機能

グラフィックの制作に欠かせないBridge。

Bridgeはデジタルアセット管理ソフト、簡単にいうとファイルを管理するソフトです。

ファイル管理ならソフトをわざわざ使わなくてもできるじゃん!と思われる方も多いと思いまが、自分にとっては制作に欠かせないソフト。

ということで今日はBridgeの個人的便利機能をご紹介したいと思います!

 

個人的おすすめ機能①「illustratorやPhotoshop形式のファイルもプレビュー可能!」

Bridge 画面

Bridgeを使わずにファイルから閲覧するとillustratorやPhotoshopのファイルはそれぞれのアイコンとして表示されてしまい中身がどんなふうになっているのか一目では分かりづらいです。しかしBridgeでは画像のようにJPEGでないファイルも一覧で見ることができます。また、JPEGなどの画像をダブルクリックすると自動的にPhotoshopで開かれるようになっています。

 

個人的おすすめ機能②「全画面表示」

Bridge 全画面表示

ファイルを選択しスペースキーを押すと全画面表示でプレビューすることができます。全画面表示をしなくても、プレビューパネルからマウスで写真上を選択すると部分的に拡大してみることも可能です。もちろんillustratorやPhotoshopのファイル形式でも全画面表示できます。ファイルを開かなくても詳細を確認できるというとても便利な機能です。

 

個人的おすすめ機能③メタデータ閲覧」

撮影日やファイル形式だけでなく、解像度、サイズ、撮影時の露出設定、焦点距離まで閲覧できます。

ファイルを開いて確認しなくても、この写真が必要なサイズを有しているのか一覧で把握することができます。

写真でなくてもサイズや容量が一目でわかるのでとても便利です。

 

個人的おすすめ機能④「ラベル機能」

使用するファイルを決めても、あとからまた探すのは大変。

ですがラベル機能を使って印をつけておくとファイルを探すのも区別するのもとても楽になります。

Bridge ラベル

 

個人的おすすめ機能⑤「同時プレビュー」

なんと複数選択で同時に複数の写真を拡大プレビューすることができます。

どれを使用するか迷っている時など比較したいときにおすすめです。

Bridge同時プレビュー

 

①~⑤までの機能の他にもBridgeには便利機能がたくさんあります。

ちなみにメタデータを見たいときや、画像一覧で見たいときなど、それに適した画面の表示方法はワークスペースから簡単に変更できます。

Bridge ワークスペース

皆さんも是非Bridgeを使ってみてはいかがでしょうか?

作業がすこし楽になるかもしれません!

 

 

 

 

記憶色ってなに?~実際の色と記憶の中の色~

こんにちは!デザインをやらせていただいている落合です。

今回は【記憶色】についてお話させていただきたいと思います。

「記憶色」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
言葉の通り「記憶の中での色」を示しています。カメラをやっている方はすでにご存じかもじれませんが、いくつか例をあげて説明していきたいと思います。

 

よく耳にするのは青空の話です。

空の写真を撮って、後日確認してみると、「どうも自分の思っていたものと違う」という事があります。
これは実際の色と記憶している色の違いから生じる違和感です。

写真の青空と実際の空の色は違う?

この写真の青空はとてもきれいで、そしてしっくりきます。でも実際の空はこんなに鮮やかではありません。人は実際よりも、より鮮やかに色を記憶しているのです。

こういった実際とは違う、記憶の中の色のことを【記憶色】といいます。

 

桜がちらほらと咲き始める季節になりました。
日本の桜の多くはソメイヨシノで、とてもきれいなピンク色をしているイメージがありますが、実際は限りなく白に近いピンク色です。
是非お出かけの際、桜の花びらを手に取ってみてください。記憶色との違いを実感できるかもしれません!

他にも有名な話の中に肌の色があります。毎日見ているものですが、実際の肌の色よりも自分の好ましいと思う色に寄せて記憶しているそうです。

最近ではデジタルカメラが主流になっていて、その後加工する事が多いと思います。
綺麗な写真を見たときに、「どうせ加工だろ?」と思う方も多いかと思いますが、実際の色をそのまま使用すると基本的にくすんで見え、違和感を感じてしまいます。
そのままの色では違和感があるというのは何とも不思議な話ですが、記憶の中の色に近づけることにより自然に写真という形に残すことができるのです。

最近のカメラでは撮影の際に自動的に記憶色に近い色に補正してくれるものもあるそうです。

彩度を上げればきれいな写真になるわけではありませんが、実際の色と記憶の色に違いがあると知っていればどこかで役に立つ日がくるかもしれません!(きますように!)
というわけで今回は写真を勉強した際に学んだ記憶色のお話でした。
これは袋井にある油山寺で撮影した写真ですが、彩度を上げてみるとしっくりきました。「紅葉の色はやっぱりこうだよね!」という感覚ですが…

袋井市の油山寺
文章力が無くて伝えたいことが伝えきれてない感が否めませんが、デザインの勉強ばかりでなく文章力もレベルアップして良い記事を書いていけたらと思います!!!

【フォント】opentypeとtruetypeの違いについて

メルシーにてブログを書かせていただくのは初めてになります。デザインをやらせて頂いている落合といいます!今後ともどうぞよろしくお願いします。

デザインと一言にいっても世の中には色々なデザインがあります。
日常当たり前に見ているもの、使っているもの、そのほぼ全てがデザインされているといっても過言ではありません。
今日はその数あるデザインの中から【フォント】についてお話させていただきたいと思います。

opentypeとtruetype


illustratorやPhotoshop、その他文字を使用するソフト内でフォントを選択する際に、『O』や『T』の文字がフォント名とは別に表示されているのはなんとなくご存知かと思います。

自分もデザインを知らない時は知りもせずフォントを選んでいましたが、これはデジタルフォントの種類を示しています。

「O」はopentype
「T」はtruetype

ではいったい何が違うのでしょうか?

truetypeのフォントは昔からある形式のフォントでアップル社とマイクロソフト社が共同で開発したフォントです。
その弱点を大きくカバーしたものがopentypeで、アドビシステムズ社とマイクロソフト社で開発したフォントです。

その違いを簡単に説明します!

【truetype】

〇種類が多い
〇対応環境が多い
〇価格もopentypeに比べて安価
〇最高解像度が600dpi
〇Mac、windowsそれぞれにインストールできるが互換性がない

【opentype】

〇種類は比較的少ない
〇対応環境が限られている
〇文字セットが多い
〇truetypeに比べて高価
〇illustratorと同じ3次元ベジェ曲線で表現されている為解像度の限界がない
〇Mac、windowsでフォントの互換性がある
〇字詰めが柔軟に出来る

こうして特徴を並べてみるとそれぞれに短所、長所があることがわかります。

結局どちらのフォントを使えばいいの?

皆さんお使いのパソコンのOSはWindows、Macのどちらでしょうか?
高性能なopentypeですが、使用できる環境が限られています。Windowsの一般家庭向けソフトはopentypeに対応してない事が多く、確認しないで購入してしまうと「あれ!せっかく買ったのに使えない!」なんて事がおこってしまいます。
そもそもopentype自体、家庭で使用するにはとても高価です。
truetypeも大変優秀なフォントで、フリーフォントも多く、DTP、印刷、出版等の仕事で使用するのでなければtruetypeフォントを使用する方がいいと思います。
ただ、WindowsとMac間での互換性がないため、両方のパソコンで使用する場合はそれぞれWindows用、Mac用フォントを購入する必要があります。

Macの場合、OSx以降ならばopentypeに対応しており、問題なく使用することができます。

一方、デザイン業界ではopentypeフォントを使う事が多いです。
truetypeを使用し大きい文字(30pt以上の文字など)を印刷すると解像度の関係でジャギが出て汚くなってしまったり、特殊な文字がtruetypeでは表現できなかったりするからです。
opentypeでは文字詰めが柔軟にできるため、綺麗さ、読みやすさを求めるDTPでは重宝されます。多くの印刷会社がtruetypeを所有していない為DTPでは使用できないと言われることもしばしばありますが、
illustratorなどフォントをアウトライン化できるソフトを使用していれば印刷会社が所持していないフォントでも使用することができます。

opentypeに対応しているソフトをWindowsでもMac使用したい場合、使用したい文字の種類が多い場合、特殊な文字を使用したい場合などもopentypeを利用するメリットがあると言えます。

それぞれに長所短所がありますが、作業環境、目的に合わせて、購入、ダウンロードするフォントを選択してみてはいかがでしょうか?

以上記念すべき落合の初ブログになります!
何故いきなりフォントの話なのか?というと、実は自分がデザインを勉強するにあたって一番苦労したのがフォントだったからです|д゚)
数ある書体のなかでも業界で多く使われているフォントはやはり綺麗です。
最初のうちはその『きれい』すらいまいちよくわかりませんでした。
グラフィックデザイン、イラスト、カメラなど自分が勉強しているものを中心に、ブログにて書いていけたらと思っています。(役に立つかは別として!)
すこしでも興味を持ち、読んでいただけたらうれしいです!