写真の塗り足しを一瞬で行える方法

こんにちは。デザイナーの落合です。
今回のブログでは写真の塗り足しを一瞬で行える方法をご紹介します。

塗り足しが必要になってくる機会は多くあると思います。
写真を回転させたいときに出でしまった四隅や、余白がもっとほしい時など。
でも自分で描いていく、となるとかなり大変です。
そこでPhotoshopの便利機能を紹介したいと思います。

わかりやすく左側に足りない部分を用意してみました。

こちらを塗り足していきます。

まず塗足ししたい範囲を自動選択で選択します。

次に「編集」「塗りつぶし」を選択します。

次はどう塗りつぶすのかを選択します。「内容」というところから「コンテンツに応じる」を選び描画モード「通常」不透明度「100%」でOKします。

するとPhotoshopが自動的に写真に応じて塗りつぶしを行ってくれます。

ほとんど違和感はありません。

ものによってはここからコピースタンプなど手作業で調整していく必要がありますが、最初から手作業で作業することを思えばとても簡単に塗り足しすることができます。

わたしの場合前回のブログで紹介した「ものさし」ツールと併用して使用することが多いです。

写真の長さや構図を調整したい時などに是非使ってみてはいかがでしょうか?