そもそもillustratorって何ができるソフト?

こんにちは。
illustratorとはそもそも何をするソフトなのかをご紹介していきたいと思います。

”Adobe Illustrator は、印刷、Web、モバイル、ビデオなどの幅広い用途で活用できる、業界標準の強力なグラフィックアプリケーション”

※Adobeホームページより

制作、デザインをするにおいてIllustratorは必要不可欠です。

上記に書いてあるようにIllustratorは幅広い用途で使用することができ、高度な描画ツール、表現ツールがあります。

では具体的に何故

①解像度にとらわれない

Illustratorで描画したデータはベクターグラフィックスといっていうら拡大しても縮小しても制度を維持することができます。写真などのデータを拡大すると画質が荒くなってしまったりということがありますがそのような心配もありません。

”Web 用のアイコン、モバイルコンテンツなどの低解像度の画像から、印刷用の高解像度のグラフィックにまで柔軟に対応し、JPEG、GIF、SWF、PDF、SVG などの様々なファイル形式で書き出すことが可能です。”

※Adobeホームページより

②幅広い表現ツール

ブラシを使用して手書きのような質感を表現するとこもできれば、機械で書かれたような繊細さを表現することもできます。

曲線も自由に描くことができますし、図形はもちろん様々な補助ツールがあり、

ソフトに慣れていけば表現できる幅はどんどん広がります。

③配色を助けるツールの豊富さ

カラーガイドやライブカラー機能など配色補助の機能も充実しており、似たようで少し違う色、影の色、組み合わせの色など様々なカラーを洗濯した色に合わせて表示してくれます。実際のデータを書き換えなくても仮で変えて一気に反映することも可能です。

④柔軟な文字の制御

行間、文字幅、どこで揃えるか、などの文字の制御をより細かく行うことができます。

長い文章やタイトルなどIllustratorで編集したものはやはり綺麗さが違います。

文字もアウトラインをとることによってフォントの有無に限らず使用できるので印刷会社にい印刷を以依頼するときにも便利です。

 

ざっくりですがIllustratorはどんなソフトなのか?をご紹介していきました。

次回はPhotoshopについてご紹介していきたいと思います。