AirDropってなに?アイフォン便利機能!

こんにちは。デザイナーの落合です。

今回のブログではApple製品間でのデータのやりとりがめちゃくちゃ楽になるAirDropについてご紹介していきたいと思います。

 

てかAirDropってそもそもなんなん??

AirDropはiPhoneやMacなどApple製品同士で簡単に写真やデータなどを送受信できる機能です。

ガラケー時代にみんなが使っていた赤外線と少し似ています。

 

iPhoneでさっそくAirDropを使ってみよう!

①画面したから上にスライドし、コントロールセンターを開きます。

Wi-FiとBluetoothがONになっていることを確認します。

開いたらWi-Fiやフライトモードのある四角のエリアをぐっと押して3Ⅾtouchをします。

②すると隠れていたAirDropさんを発見することができました。そのままAirDropをタップします。

③AirDropの受信設定が出てくるので希望のものを選びます。後でまた設定を変えればいいのでとりあえずすべての人にします。

この設定にした状態で相手がAirDropを使用して写真などデータを送ると、そのデータを受け入れるか受け入れないかの通知が画面に表示されます。

受け入れる、を選択すれば受信は可能です。

③写真をこちらからAirDropを使用し送信するには

このマークをタップし

AirDropの欄送信可能なユーザーが表示されるので送りたい人を選択したぷします。

このように簡単に写真を相手に送ることができます。

 

AirDropは写真しか共有できないの?

そんあことありません。写真だけでなく動画はもちろん、mapのデータ、連絡先、Apple storeのアプリ、インターネットのURLを共有することができます。Apple製品同士でないと利用はできませんが、大変便利な機能なのでぜひぜひ使ってみてはいかがでしょうか?