スーパーで見かけるみかんのネットってなぜ赤色なの?

こんいちは。メルシーの落合こと塚本です。

冬といえばみかん!こたつで食べるみかんはおいしい!
そんなみかんですが、スーパーなどで販売される際、画像のような赤やオレンジのネットに入って販売されていることが多いと思います。

実はこれ、購買意欲を高めるために「色の同化」という現象を利用しているんです!

色の同化ってなに?

色の同化とは、隣り合うふたつの色が近づいて見える現象です。

こちらの画像をご覧ください。この例では緑の上に異なる色のストライプを配置してみました。

黒のストライプでは緑はより暗く見え、

黄色のストライプでは緑が黄みががってみ見え,

白のストライプでは緑が少し明るく見えます。

このように色が隣り合う色により近づいて見えることを「色の同化」といいます。

 

なんで「色の同化」で購買意欲増加につながるの?

みかんのネットは赤やオレンジ色をしているので、みかんがより赤みががって見え熟れて美味しそうなみかんに見えるため購買意欲増加につながるのです。

オクラの緑のネットも同様で、より緑がかって見え美味しそう、新鮮に見せることによって購買意欲が高められます。

このように普段何気なく見ているものにこそ色の性質が利用されていることが多いです。

 

 

以上色の同化のお話でした!