黄色はどんな時に使うのが正解?黄色の話

こんにちは。デザイナーの落合です。

今日は黄色についてお話していきたいと思います。

黄色は最も明るい色であり、遠くからでもよく目立つアイキャッチ効果の高い色です。

また進出色(同じ距離にあっても近く見える色)であり膨張色(同じ大きさでも大きく見える色)でもあるので注意を目的とし信号機や小学生が使用する横断歩道の旗などで使用されています。

大きく、飛び出してよく見える黄色は市場でも活用されます。前回お話した赤と同様、セールや広告で使用されることが多いです。

ポップで明るい印象を受ける黄色は、人の気持ちを高揚させる効果があるのでイベントなど開放的でにぎやかな場を演出するのに最適です。

しかし、幼稚でカジュアルすぎた印象も与えてしまうので使いどころには注意が必要です。

 

 

黄色が活躍するポイント

・遠くからでもわかるように注意を喚起したいとき。

・広告やセールなどたくさん並べられている中でも目立たせたいとき。

・賑やかで開放的なイメージを演出したいとき。

など