今さら聞けない解像度の話

こんにちは。デザイナーの塚本です。
解像度ってよく聞きますよね。

なんとなーく画質とかそういうことなのかな?

と思っている方も多いかもしれません。

そうなってくると解像度って高ければ高いほどいいんでしょ?
と思ってしまう方も出てきます。

え!?違うの?じゃあそもそも解像度ってなんなんじゃー!

 

解像度(dpi)とは1インチあたりどれだけのドットが含まれているかを示す数値です。
dots per inch(ドット・パー・インチ)といい、その略称がdpiです。このドットの部分が画素にあたります。
何万画素!!とかよく聞くやつですね!!

画像は点がたくさん集まり画像を構築しています。画昔のゲームなんかはドットで構成されてるのがわかりやすかったと思います。

ド〇クエ初代とか…懐かしいですね。古き良きです。

最近ではとても画質のキレイなものが多いですよね。じゃあ当然解像度は高いほうがいんでしょ???

と思われる方も多いかもしれませんが、

解像度は高ければいいわけではなく適切であることが大事です。

○デジタルの画面上で表示される解像度は72dpi~150dpiです。

そんな解像度を高くしても画面上では72dpiでしか表示されません。ですので高い解像度の写真をSNSに投稿しても表示速度が遅くなるだけで意味がないのです…。

○家庭用プリンターの適切解像度はほぼ200dpiです。web上で必要な解像度の約2.7倍必要になってきます。

○印刷所で印刷する場合に必要な解像度は350dpi~です。印刷所によって必要解像度が違うので確認が必要です。またモノクロの場合はもっと高い解像度が必要になります。

スマートフォンのカメラで撮影した写真の解像度は基本72dpiです。単純に考えて350dpiで印刷したい場合、三倍の大きさが必要になります。
スマホで撮影した写真をつかいたいなぁって時があれば参考にしていただけたらと思います(^^♪

よくカメラ何万画素!とありますが大きく印刷したい場合は結構重要になってきますが高すぎてもデータが重くなるだけなので設定などで適切な大きさにしてあげることが大事です。

カメラなんかはセンサーのほうがより大事になってきますので一概に画素数や解像度が高ければキレイというわけでもありません。

 

 

まとめると解像度は適切であることが大事。さらにはキレイに見えます。

大きすぎてもいいことない!足りないのはもちろんだめですが…

 

以上解像度のお話でした!