アクセス解析レポートに自社スタッフの閲覧結果を反映させない方法

ウェブサイトやブログから見込み客から見積り・注文・資料請求をとるなど、いわゆるネット集客を成功させるために必要なものは「計測」です。
ネットにおける代表的な計測ツールと言えば、言わずと知れたグーグルアナリティクス。
最近はそれほど分析スキルがなくても気づきが得られやすい視点で分析結果が表示されるようになっています。
日々、とまでは行かなくとも定期的にチェックをし、改善につなげていくべきでしょう。

それは良いとして、アクセス解析をおこなう際、一つネックになるのが「自社やホームページ制作会社のスタッフが閲覧した結果も残ってしまうこと」。
ブログやウェブサイトの更新時には繰り返し閲覧をし、確認しながら作業を進めていくわけですが、これらの履歴が残ってしまうと本来のユーザーが閲覧した結果がどうだったのか?純粋な結果が計測しずらくなってしまいます。

そこで、この記事では自社スタッフの閲覧結果を反映させない方法をご紹介しましょう。

Google Analytics オプトアウト アドイン を実装すれば解決!

アクセス解析レポートに閲覧結果を反映させない方法はいくつかありますが、最も手軽に行える方法は「Google Analytics オプトアウト アドイン」と言うグーグルグロームの追加機能を実装する方法です。

この機能を追加することで、グーグルクロームブラウザ上で閲覧したウェブサイトにあるグーグルアナリティクスに閲覧データが転送されなくなります。
グーグルクローム上で動作する機能ですので、同じパソコンにある別のブラウザで閲覧した場合は計測結果に反映されます。
Google Analytics オプトアウト アドイン インストールページ