ブログタイトル変えました


すごくどうでも良いことですが、ブログのタイトルを変えました。

今までは

『集客マスターブログ』

と言うタイトルでした。

タイトルの由来はホームページリニューアルを機に、制作スタッフ全員でブログを書こうとなりました。そして各自のブログタイトルを付けることになったのですが、ウチのスタッフが上司への尊敬の意味を込めて?ウェブ解析士マスターという資格を持っているところから?てきとうな理由でつけてくれたのだと思いますが、、、

どれ、マスターと呼ばれるこのオレ様が有難いお話をしてやろう。

的な、どうにも上から目線な感じがして、違和感がありました。。。

と言うことで、今日から新たに

『小さな会社の集客ブログ』

と言うタイトルに変更いたしました!・・・すごくどうでもイイですね(^^;)

このウェブサイトのブログは、私も含めたホームページ制作スタッフがそれぞれテーマを決めて書いています。
テーマは自由です。特にこうしなさい的な指示は一切出しておらず、おまかせです。

とは言え私は、ブログやチラシ、プレゼンテーションを作る時もそうですが、読む人をできる限り具体的に思い浮かべながら原稿を書きます。
そうすることのメリットはまず『書きやすくなる』ことです。

ブログを始めたばかりの人が、何を書いたら良いのか分からない〜!と思う場合、単にネタがない場合ももちろんあるでしょう。ですが『ネタはあるが、誰に向いて書いていいのか分からない』と言うことが実は多いのです。

『こんなことを書こうかな?でも別の立場から考えてみると、そうじゃないかもね・・・』
などと考えているうちに、何も書けなくなってしまったことってありませんか?

なので『誰に向かって言っているのか』を明確にしておくと、頭の中がスッキリ整理されてスラスラ書けますよ。

もうひとつ、それにより集客を行いたい人に向けて強いメッセージを発することができます。

私はこのブログを
『中小企業の経営者。ネット集客に関心はあるが、イマイチ成果に結びつかなくて悩んでいる40〜50代の男性』
そんな人物像を思い浮かべながら、その立場の人に共感いただけるようなマインドに寄せて書いています。
なのでそうでない立場の人からすると、全く共感できないし、もしかしたら腹立たしく思ってしまう可能性すらあります。が、それで構いません。

その結果、仮に9人の人に共感されなかったとしても、1人の人に強い共感を与え、ビジネスにつなげることができればブログの目的としては十分です。
まず1人の人に影響を与えることができるかどうか・・・ネット集客の大切なポイントです。