ブログネタが思いつかない場合の対処法

ネットからのアクセスを増やす基本中のキホン、それは『日々のブログ更新』です。
とは言えなかなか継続するのは簡単ではありません。
時には『今日なに書こっかな〜…ナンも思いつかねぇ。。。』となり、心が折れてしまうこともありがちです。

そんな時に備えて短時間で書くネタを思いつく方法を紹介しましょう。方法はいくつもありますが、今日はその一つ『検索キーワードから気付きを得る方法』です。

『サジェストワード』からネタを拾う

私がよく使う方法はグーグルで検索したい際、入力した検索フレーズに関連表示される『サジェストワード』を利用すると言うものです。

例えば、私が浜松市内で美容サロンを経営しているオーナーだとします。
なのでグーグルで『美容院 浜松市』と入力してみます。
すると、入力した『美容院 浜松市』の前後に『中区』『東区』『北区』『口コミ』などのワードが自動的に表示されました。
これを『サジェストワード』と言って、グーグルさんが『美容院 浜松』で検索した人がこんなワードを追加してますよ。と教えてくれているのです。

サジェストワードを利用することで簡単に見込客がどんなフレーズで検索しているのか?さらに検索フレーズから、ユーザーの求めている情報がなんなのか?をうかがい知ることができます。
ユーザーの求めている情報を提供すれば、ホームページへ訪れたユーザーに好感を与えることができます。そして来店に結びつくかも知れません。

メニューや悩み系ワードで検索してみるとネタが見つかりやすい

とは言え、ブログネタとして見ると『美容院 浜松市』ではサジェストワードを見てもちょっとピンと来ません。
そこで、メニューやお客さまが抱えていそうな悩みを検索ワードに入れて見ましょう。

例えば『浜松市 カット』で検索してみます。するとサジェストに
『が上手な美容院』『モデル』『安い』『モデル 募集』『1000円』
などが表示されます。
ユーザーは『上手にカットしてくれる店』『カットが安い店』『カットモデル』に関心を示しているのが分かります。

次に『美容院 くせ毛』で検索してみましょう。
『直す』『カット』『頼み方』『男』
などが表示されます。
『くせ毛を直してくれる店』
『くせ毛にあるカットをしてくれる店』
『くせ毛の場合はどんな頼み方をすればいいんだろう?』
ユーザーが具体的に探していることが結構明確になっています。

その中で自分がピンときたキーワードを元に記事を書いてみると書きやすくなります。

検索エンジン対策にも有効

この方法でブログネタを書くと、検索ユーザーの関心ごとにリーチした内容の記事を書くことになります。
ユーザーに有効なネタを確実に提供することになるのであなたへの好感度が上がります。
そしてもう一点、これは検索エンジン対策にも有効です。
検索フレーズからキーワードを探して記事を書く訳ですから、文中にそのキーワードを含めることになります。するとその記事が先ほどのフレーズで検索した時に表示される可能性が出てきます。
その結果 ホームページへの来訪〜好感度アップ〜来店 の流れを作ることができます。

せっかく貴重な時間を使ってブログを書くなら、成果につながった方がいいですよね?
ご参考にしてください。