ホームページ制作会社が言わない『不都合な真実』

ホームページはお客さんから問い合わせや予約・注文をいただくための核になります。
しかしホームページでの成果が期待通りでない人の多くが、そもそもホームページへの集客がうまくできていません。

そう、ホームページで成果が出ない原因は『ホームページの内容が悪い』のではなく『ホームページへの集客が悪い』ことが多いのです・・・と言うか、ほとんどです。
ですが残念なことに、それに気付かないサイトオーナーは非常に多いです。
ことばにすると一文字しか違いませんが、実はこれらは全然内容の異なる事象です。解決方法も全く異なります。
いくら見栄えの良い魅力的なホームページであっても、ホームページにユーザーが集まらなければ何の意味もありません。

そしてさらにホームページ制作会社のほとんどが言わない『不都合な真実』があります。それは・・・

ホームページ制作会社の営業は『ホームページの内容が悪い』としか言いません。
正確に言えば、『ホームページの集客が悪いのは、ホームページの内容が悪い』からだと言う論法にすりかえます。

なぜなら、そう言えばその制作会社でリニューアルしてくれる様に誘導できるからです。

いや〜社長んとこのホームページ、良くできてますねぇ!
出来てますけど・・・あんまり集客できてないんじゃないですかぁ?
だって検索順位イマイチですからねぇ。順位上げないと集客できないッスよ!
でも大丈夫ッスよ!
ウチでホームページ作れば検索順位一発で上がります。だから売り上げアップ確実ッスよ!!

・・・的なノリの電話、受けた経験ありませんか?何を隠そうウチの会社にも良く来ます(^^;)ウチのパソコンスクールのホームページ見て営業電話が来るんです。

はっきり言いましょう。

そんなことをしても『無駄』です。
大事なことなのでもう一度、、、『リニューアルは無駄な投資』です。

ホームページリニューアルは集客の解決策にはならない

上で紹介したような営業マンの話は”ほぼウソ”です。
“ほぼ”と言うのがちょっと引っかかりますよね?確かにホームページによっては、本当の場合も少しはあるからです。

ホームページへの集客は検索順位がカギになります。
検索順位はいろんな要素で決められていますが、”ホームページの内容”もその要素に含まれているからです。
なので内容を改善すれば順位が上がる可能性があります。

ですが正直に言うと、多くの場合リニューアルしなくても改善できることが多いですし、仮にその結果ある検索フレーズでの順位が上がったとしてもアクセスアップと言う視点で見た効果は大したことはありません。

なのでもしあなたがホームページの成果が思い通りでないなら、先ずは『内容』『集客』どちらに問題があるのか?を考えるべきです。
そして『集客』に課題があると感じたら、リニューアルを考える前に次のことを考えてみましょう。

ホームページ集客方法はいくつもある

ホームページへユーザーを集めるテクニックはメチャクチャいっぱいあります。
例えばグーグル・ヤフーなどの検索からの来訪以外の一例をあげてみますと・・・

※グーグル・ヤフーなどでの広告から来訪
※アメブロ・はまぞうなど、外部ブログからの来訪
※ポータルサイト(食べログとかエキテンとか、業種ごとにある)からの来訪
※ユーチューブ動画からの来訪
※Facebook・Twitter・ラインなどSNSからの来訪
※ヤフー知恵袋などQ&Aサイトからの来訪
※メルマガからの来訪

ちょっと考えただけでもコレだけあります。
これらのうち、広告は別にしてその他はほとんど全てリンクを貼り、ホームページへ誘客する方法なのです。
具体的には

※ブログ記事に『詳しい情報はこちら』とリンクを貼る
※食べログやエキテンに店舗情報を掲載し、ホームページへのリンクを貼る
※なんらかのユーチューブ動画を上げ、ホームページへのリンクを貼る
※SNSに投稿し、ホームページへのリンクを貼る
※ヤフー知恵袋に自分の専門分野に関する質問を見つけたら、回答しつつ関連するリンクを貼る
※自社の既存客にメルマガを発行し、リンクを貼る

などなど・・・アイデア次第でかなりの集客ができます。しかもこれらはほとんど無料でできることばかりです。

これらの集客をまずは試してみましょう。
実は集客ができて来ると、検索順位も上がってくるのです。
グーグルはホームページにどの位のアクセスを集めているか当然知っていて、人気のあるサイトを評価し順位を上げるのです。
人気はリニューアルしても簡単には変えられない指標ですよね?

まずは集客、集客しても成果が上がらないならリニューアル・・・この流れを忘れないにしましょう。