Googleマイビジネスに登録していない企業はむしろマイナス

あなたの会社、お店はGoogleマイビジネスにへの登録はお済みですか?

Googleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップにお店や企業の情報を掲載できるサービスです。

無料で、簡単に掲載することができる上、ユーザーがGoogle検索した時にかなり目立つ位置に情報を表示できるので、登録しない手はありません。

↑ここですここ。見たことありますよね。

自分が検索する側になった時、見たことはあるけど登録はしていない…という方は今すぐ登録すべきです。

というのも、昨日Google先生がパートナー向けに行ったセミナーに参加してきたのですが、そこで登壇された講師の先生がこんなお話をされていました。

「Googleマイビジネスはブランドコピー防止のための施策として登録すべき」
「持つだけで意味がある」
「敵意・悪意に目を付けられた場合の対策は必須」

確かに、先ほども書いたように無料で、簡単に登録でき、かつユーザーに存在を知らせることができるので、登録した方が得に決まっています。

しかしそれ以外にも、こんな事例があったことから、登録を勧めているんだそうです。

ある人が「有限会社メルシー」(仮名)という会社名でGoogleマイビジネスの登録をしました。
登録後しばらくすると、Google検索やGoogleマップに「有限会社メルシー」(仮名)表示が出るようになりました。

Googleマイビジネスには「レビュー」という、いわゆる口コミのようなものあります。
Googleアカウントがあれば誰でも書き込むことができます。Googleアカウントの取得も、Googleマイビジネス同様無料なので、メールアドレスさえあればなりすましや、複数の作成・取得も可能です。

「有限会社メルシー」(仮名)のビジネス情報のレビューには、ネガティブなコメントが相次ぎました。
そのことに気が付いた有限会社メルシーのスタッフはGoogleに削除申請を求めましたが、レビューの真偽は判断できないということで、削除には応じてもらえず、その後もそのネガティブなレビューはインターネット上に残り続けることになりました…

そうです、この「有限会社メルシー」(仮名)のビジネス情報と、相次いで投稿されたネガティブなレビューは、本物の有限会社メルシーのビジネス情報の登録がないことをいいことに、ライバル会社が登録・投稿したものだったのです。
怖すぎますね。

これが今回の記事のタイトルに繋がります。

Googleマイビジネスに登録していない企業は、“集客に役立つ”以前に、むしろマイナスの状態なのです。
意図しない情報やネガティブなレビューを投稿される危険にさらされ続けていると言っても過言ではありません。
「しまった!あの時自分で登録しておけばよかった!」と気づいた時には既に遅いのです。

Googleの回し者でもなんでもありませんが…笑
後悔する前に、先手を打っておくことをおすすめします。