Googleアナリティクス逆引き辞典~基本情報編~

我が社のホームページ・スマホサイトがどれくらい多くの人に見られているのか、どんなページがよく見られているのか、どんな検索ワードで見に来てくれているのか知りたい!!
でも、どんなツールを使って、どう見たらいいかよくわからない…
そんなあなたのために、最もメジャーなアクセス解析ツール【Googleアナリティクス】の逆引き辞典を、ちょこちょこアップしていきたいと思います。
今回は初回なので、~基本情報編~です。

まずそもそも、Googleアナリティクスを使うためには…Googleアナリティクスの“タグ”を埋め込む必要があります。
弊社でホームページ・スマホサイト制作をご依頼いただいた方は無料で(標準装備で)設置させていただきますので、これからホームページ・スマホサイト制作をしようと考えている方も、既に持っているけどどうも設置されていないようだ…という方も、お気軽にお声掛けください。

タグが設置できたらあとはGoogleアカウントさえあればOK。
(Googleアカウントを持っていない方も、取得自体はとても簡単&無料でできますので、この機会に取得してください。)
あなたご自身でGoogleアナリティクスが見られるよう管理者側が閲覧権限を付与する必要はありますが、それもわたしたちの方で行いますのでご安心ください。

準備が整ったら、早速Googleアナリティクスであなたのホームページ・スマホサイトのアクセス解析結果を見ていきましょう!!

1.Googleアナリティクスログイン画面にアクセスし、ログインします。

「グーグルアナリティクス」で検索、もしくはhttps://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/index.htmlにアクセス後、「ログイン」ボタンをクリックし、GoogleアカウントのID・パスワードを入力します。

2.ログイン後、「すべてのウェブサイトのデータ」という青い字をクリックします。

ログイン後、あなたのホームページ名、もしくはURLなどが表示されているのが確認できると思います。
その下にある、「すべてのウェブサイトのデータ」という青い字をクリックしてください。

3.「ユーザーサマリー」を見てみましょう。

はじめに出てくる「ユーザーサマリー」は、ホームページ全体を俯瞰したデータです。
ほうほうなるほど…とは言っても、専門用語だらけで、自分が見たい数字はどの数字を見たらいいかわからなーい!!と思われる方も多いでしょう。

ここから逆引きです!!

まず、(PCの場合)画面右上に期間が書いてありますので、ここをアクセス解析のデータを見たい期間に指定してください。
その上で…

【ユーザーがあなたのホームページ・スマホサイトに訪れた回数を知りたい場合】
「セッション」を見てください。例えばこの「セッション」の欄に500と数字が書いてあった場合は、指定した期間内にあなたのホームページ・スマホサイトに500回、ユーザーが訪れたことになります。

【あなたのホームページ・スマホサイトに訪れたユーザーの人数を知りたい場合】
「ユーザー」を見てください。例えばこの「ユーザー」の欄に400という数字が書いてあった場合は、指定した期間内にあなたのホームページ・スマホサイトに400人、ユーザーが訪れたことになります。
先ほどの「セッション」と似ていますが、「セッション」の単位は“回”で、「ユーザー」の単位は“人”と把握しておくと、わかりやすいです。

【あなたのホームページ・スマホサイト内で見られたページの総数を知りたい場合】
「ページビュー数」を見てください。指定した期間内に見られたページの総数を知ることができます。

【1回の訪問につき、何ページ見て行ってくれたか知りたい場合】
「ページ/セッション」を見てください。ユーザーが1回あなたのホームページもしくはスマホサイトに訪れた際、見て行ってくれたページ数の平均を知ることができます。
例えば「ページ/セッション」の数字が「3.15」と書かれていた場合は、1回の訪問につき、平均3.15ページ見て行ってくれたという解析結果になります。

【あなたのホームページ・スマホサイトに何分滞在したか知りたい場合】
「平均セッション時間」を見てください。ユーザーがあなたのホームページ・スマホサイトを見に来て何分滞在して行ったか、平均時間を知ることができます。
例えば「平均セッション時間」が2:30と書かれていた場合は、1回の訪問につき、平均2分30秒滞在してくれたという解析結果になります。

【1ページだけ見て(次のページを見ずに)あなたのホームページ・スマホサイトから離れてしまった訪問の割合を知りたい場合】
「直帰率」を見てください。これは名称がダイレクトなのでわかりやすいですね。
例えば「直帰率」が60.77%だった場合、1ページだけ見て(次のページを見ずに)あなたのホームページ・スマホサイトから離れてしまった訪問の割合が60.77%ということです。
書いていて思いましたが、そのまんまですね。すみません。

【あなたのホームページ・スマホサイトに初めて訪れた割合を知りたい場合】
「新規セッション率」を見てください。あなたのホームページ・スマホサイトに初めて訪れた割合、要は新規の割合を知ることができます。
例えば「新規セッション率」が82.45%の場合、全体の訪問の内82.45%は新規の訪問ということです。
ちなみに、その数字の付近に円グラフがあるはずです。この円グラフのブルーに塗られた部分が新規訪問、グリーンに塗られた部分がリピート訪問(あなたのホームページ・スマホサイトに2回以上訪れている)割合です。

以上、Googleアナリティクス逆引き辞典~基本情報編~でした。
この話をお客さまにするとよく「セッションは月にどれくらいあったらいいの?」とか、「うちの直帰率は高い?何%くらいならいいの?」というご質問をいただきます。
そんな時、わたしたちは数字で明確には答えません。答えませんというか、答えられません。
なぜなら、業種やホームページ・スマホサイトの目的によって、目指すべき数字は様々だからです。

長くなりますので、このことについてはまた次の機会に記事で書きたいと思います。
それではまた~!!