ホームページ制作会社はブラック!?

 

今度、有限会社メルシーにひとりの若者がが入社してくれることになりました!
作品の表現力も高く、とてもハキハキした笑顔の素敵な子だったので、メルシーに来てくれることになってとても嬉しいです。

個人的には、メルシーに入社してから初めての年下スタッフなので、若い力に負けないよう、わたし自身もさらにスキルアップしていかなければと感じています。頑張るぞ。

その子との面接の中でも話が出たのですが、やはりホームページ制作会社や広告関係の会社に就職したいと思っている方の不安要素としては、「夜遅くまで残業させられるんじゃないか…」「休日も家に持ち帰って仕事をしないと終わらないんじゃないか…」という、いわゆる“ブラック”なんじゃないかという心配です。

確かにこの業界、残業や休日出勤があって当たり前と思われていることも多々あり(よく周りの人から「仕事大変でしょう」と心配される)、最近はニュースにも取り上げられていることから、そう思われてしまっても無理はありません。

しかーし!!

わたしたちの会社メルシーは、業界人もびっくりする超ホワイト企業。
わたし自身も仕事が終わった後は平日夜もジムへ行って軽く運動したり、友だちとごはんに行ったり、土日は趣味に勤しんでリフレッシュしています。オンオフもしっかりしていて、まさにノンストレス。雇われて働いている本人が言うのだから本当です。

かといって、もちろん“ヒマ”なのではなく、制作物の量はそれなりにあります。
おかげさまで様々な業種の会社さんから、ホームページ・スマホサイト制作をはじめとした広告物制作のご依頼をたくさんいただいています。

ではなぜメルシーは、ホワイトな環境を維持しつつも、成果の上がる広告を作り続けることができるのでしょうか?理由は、これまでの経験にありました…

ホームページ制作業界はここ数年で価格競争が一気に激化し、「3万円で御社のホームページを制作します!」「5万円でスマホ対応のホームページへリニューアルします!」なんて制作会社まで出てきました。

今でこそそんな“危険”な価格でホームページ・スマホサイトを作りましょうなんて提案はしませんが、実はメルシーも、この価格競争に参入していた…というか、参入せざるを得なかった時期がありました。そして、価格勝負で広告物を制作するとどんなことが起こるのか、身を以って学びました。そんな時期があったからこそ、今のメルシーがあるのです。

価格勝負で広告物を制作するとどんなことが起こるのか…ご紹介しましょう。

まず、とにかく安く広告物を作りたいお客さんからの依頼がたくさん入り、案件の量はぐっと増えます。制作しなけらばならない広告物が増えるので、社員は忙しくなります。しかし、忙しくなる割に単価が安いので、売上は上がりません。案件の量が多いと社員は残業をしなければこなせなくなりますが、売上が上がっていないので残業代が出せません。仕事は忙しくなる一方なのにお給料は上がらない、残業代も出ない。それに加えてお客さんからの要望は次々出てくる…当然社員は疲弊します。

そんな状態で、お客さん(クライアントの会社さん)のさらに向こうにいるお客さん(エンドユーザー)の顔なんて見えるわけがありません。見る余裕もないですし、見ないといけないということを仮に気づいていたとしても、使える時間が限られているため見る時間なんて割けません。こんな状態では、“成果の上がる広告物”は作れっこないのです。

やがて、疲弊した社員は次々と会社を辞めていき、最終的に会社は維持できなくなります。これが、価格競争に参入し、最後まで価格勝負で広告物制作を続ける制作会社の末路です。

メルシーは、当時制作チームを管理していた代表の小田切が「これではいけない」と危機を感じ、体制改革を行いました。
成果の上がる広告物を制作するために必要な時間と費用をお客さんからいただき(いわゆる“適正価格”をいただき)、社員が1件1件集中して制作にのぞめる環境を整えたため、質の高い広告物をお客さんに提供しご満足いただきつつ、働いている社員もハッピーな会社を取り戻すことができました。
もちろん、今働いているわたしもハッピーです。

何が言いたいかというと、

※低価格にはそれなりの理由があるということ
※成果を求めてホームページ・スマホサイトなどの広告物制作を依頼するなら、成果を上げられる体制が整っている制作会社選びが重要だということ
※メルシーは健康な企業だよ!心配しないでね!ということ(笑)

です。

ホームページ制作会社を探しているあなた、広告物に成果を求めるあなたは、このことをあたまの片隅に置いて、いい制作会社選びをしてください。