慣用色名の一覧をつくってみた②

こんにちは。
もう4月も終わりですね。
あっという間に1年の3分の1が終わってしまいました~。

さて、前々回「慣用色名の一覧をつくってみた①」という記事を書きましたが、第2段です!!
今回は緑系の色名をまとめてみようと思います。
若竹色、青竹色、老竹色など、自然の世界の色を表す色名は面白いですね。
それでは行きますよ~。

◆カーキー

 

「ちり、ほこりのような」という意味。ミリタリーカラー。

◆オリーブ

 

「黄の色相の暗い色調」を分類するための基本色名のひとつ。

◆クリームイエロー

 

乳製品のクリームの色。

◆ベージュ

 

フランス語で「未漂白」「未染色」「未加工」の毛織物の色名。

◆セピア

 

イカが墨を出す墨汁嚢(ぼくじゅうのう)を乾燥して粉末にした古代の絵の具の名前。

◆萌黄 もえぎ

 

春に芽吹く若葉のような色を表す伝統的な色名で「萌葱(もえぎ)」ともかく。

◆うぐいすいろ

 

鶯の羽毛のような色。

◆オリーブグリーン

 

オリーブのつく色名は、「イエロー」「ブラウン」「グリーン」「グレイ」など。

◆コバルトグリーン

 

18世紀の終わりにコバルトグリーンという色名が誕生。

◆若竹色

 

「若い竹」の色で成長した竹の「青竹色」、くすんだ緑色の「老竹色」とともに竹の色の3点セット。

◆青竹色

 

成長した青竹の幹のような青みの冴えた明るく濃い緑のこと

◆老竹色 おいたけいろ

 

年を経た意味の灰味をおびた老竹のような、ややくすんで灰色がかった緑色

◆エメラルドグリーン

 

エメラルドの宝石のような色。

◆青磁色 青磁色

 

中国の唐の時代に作られた磁器の色。

◆ビリジアン

 

「クロームグリーン」とともに緑を代表する絵の具の色名