【PhotoshopCC】「ディテールを保持」機能で劣化の少ない画像拡大方法

こんにちは。
ぬこ飼いデザイナーの佐竹です。

さて今回は、きれいに画像を拡大する方法をご紹介します。
今までは画像を拡大すると、ノイズが目立ち、シャープをかけてもギザギザが気になりました。
ccから追加された新しい機能「ディテールを保持」を使うと、画像の劣化が少なくすむので、その後のレタッチの手間を省けます♪

それでは、さっそく手順です。

「画像解像度」を選択

「イメージ」メニューの「画像解像度」を選択します。

解像度を指定

「画像解像度」ダイヤログが表示されるので、解像度を指定。(例では400px×266px)
「再サンプル」にチェックを入れて「ディテールを保持」を選択します。
次に、その下の「ノイズの軽減」の数値をプレビューで確認しながら設定します。

画像の劣化が抑えられました。
Photoshopには他にも「ニアレストネイパー」という拡大方法があります。
こちらも後日ご紹介したいと思います。