【初心者向け!構造化マークアップ】データハイライターについて知ろう!

こんにちは。デザイナーの佐竹です。
今回は、「構造化マークアップ」のデータハイライターについて簡単にまとめてみたいと思います。

まず、以前「ボキャブラリーについて知ろう!」の回でも一度書きましたが、「構造化マークアップ」とは何かと言いますと、

「検索エンジンが意味をより正確に理解できるようになる為の、コンテンツのマークアップ方法」です。
簡単に言うとGoogleがコンテンツを理解しやすくなるための記述ということです。
ただし、現時点では検索順位に直接的な影響はないそうです。

さて、それではデータハイライターについてご紹介します。
まず、サーチコンソールのヘルプにはデータハイライターについてこのように書かれています。

「データ ハイライターはウェブマスター ツールの 1 つで、ウェブサイトの構造化データのパターンを Google に伝えるものです。データ ハイライターを使用すると、マウスで簡単にサイトのデータ フィールドをタグ付けできます。データをタグ付けすると、Google がそのデータをより効果的に、また新しい方法で、検索結果や Google ナレッジグラフなどの他の Google サービスに表示できるようになります。」

ウェブサイトの構造化データパターンというのは、例えばレビューの評価について表示された星マーク、大きく表示された日付は、イベントの開催日である、などの「意味をもつデータ」を指します。

それを、Googleに正確にどんな意味があるのか、プログラムで伝えるものがデータハイライターです。

基本的には構造化マークアップというのはSchema.orgというボキャブラリーで定義するのですが、Schema.orgを使えない状況でも利用できるのが、今回のデータハイライターです。

それでは、早速データハイライターの設定手順をご紹介します。

サーチコンソールの「検索での見え方」-「データハイライター」を選択

サーチコンソールの左サイドメニューにある「データハイライター」を選択します。

「ハイライト表示を開始」をクリック

動画の右下にある「ハイライト表示を開始」ボタンをクリックします。

URL、情報タイプを選択

「サイトの代表的なページのURLを入力」というボックスが表示されますので、サイトURLと情報タイプを入力、選択します。
この情報は後程変更することも可能です。

設定は以上になります。
とても簡単ですね!!
ソースにマークアップを入れられない場合でも、この方法でGoogleにサイトの情報を知らせることが可能になります。一度、お試しください!!